イタリアへの修学旅行『マリア様がみてる チャオ ソレッラ!』

今野緒雪さんのライトノベル『マリア様がみてる チャオ ソレッラ!』。2004年4月10日に初版が発行されました。大きくは、『チャオ ソレッラ!』『紅薔薇のつぼみの不在』で構成されています。『チャオ ソレッラ!』は、「それぞれの餞」「出だしのハプニング」「ゆるゆる問答」「真実の口の泣き言」「花の都はどんな街」「響く! 傾く!! 溶けている!?」「インコのヒント」「水の都から島国へ」「お土産レポ—ト」にわかれています。
『チャオ ソレッラ!』では、リリアン女学園高等部2年生のイタリアへの修学旅行の模様が描かれています。紅薔薇のつぼみである祐巳を中心に、同じクラスの黄薔薇のつぼみの由乃、新聞部の蔦子、新聞部の真美の姿が多く描かれています。異国の地で前白薔薇さまの聖の目撃情報がでます。
『紅薔薇のつぼみの不在』では、祐巳が修学旅行で不在の間の薔薇の館の様子が描かれています。祐巳の姉である祥子が1人でお茶を飲んでいるところに、文化祭の手伝いに来ている1年生の可南子がやってきます。祐巳を通して向き合う姿が描かれています。https://xn--eckeogs9d6olcm8ec1h.xyz/